銀行カードローンの審査に落ちた場合の対処方法とは?

銀行カードローンの審査に落ちた場合の対処方法とは?

カードローンの利用は、必ずしもすべての人が認められるわけではありません。

申込みにあたり審査がありますし、信用情報機関に登録されているクレジットヒストリーによっては、利用できないこともあります。
カードローンの申し込みをするときは、通常は、「お金を借りなければならない」事情がありますので、慎重にしなければなりません。

 

ここでは、万一、銀行カードローンの審査に落ちてしまった場合に、どのように対処すべきかについて説明したいと思います。

 

 

銀行カードローンの審査に落ちる原因とは?

 

まず、審査に落ちないようにすることが重要ですので、審査に落ちてしまう原因について考えてみたいと思います。

 

銀行カードローンは、アルバイトやパート従業員の方、本人に収入のない専業主婦の方も利用しているものですので、「自分の年収」が原因で審査落ちすることは少ないと考えられます。

 

審査に必ず落ちてしまうと考えられるのは、

 

  • 信用情報機関に延滞が多く記録されている
  • 申し込み時に虚偽の申告をしてしまった

 

ことなどを挙げられます。

 

1年以上前の延滞情報であれば、大きな影響はないかも知れませんが、直近のデータに延滞が多いと、審査にマイナスの影響を与えると考えられます。

 

また、他社の借入額・件数など、簡単に調べられる情報についてウソの申告をしてしまうと審査落ちしますので注意が必要です。

 

 

次に申し込むときの注意点

 

万一、銀行カードローンの審査に落ちてしまったら、できれば「6か月」は間をおいてから申し込むのがいいと思います。

 

過去の「カードローンへの申込み」の情報については、信用情報機関によって半年間程度は保有され続けることが理由です。

 

また、たとえば三菱東京UFJ銀行のカードローンに落ちてしまったら、三菱東京UFJ銀行とは無関係の「レイク」や「ジャパンネット銀行」のカードローンを選ぶほうがいいでしょう。

 

申込みにあたっては、ありのままの情報を申告するようにし、審査落ちをしないように気をつける必要があります。