三井住友銀行カードローンで増額する前の注意点とは?

三井住友銀行カードローンで増額する前の注意点とは?

増額するには再審査で2〜3日が必要!審査に落ちた場合、最悪は減額や利用停止になる可能性も有ります!

 

主婦が増額できた

増額するには「半年ぐらいの利用期間」「返済遅れがない」場合は、お電話で増額審査を依頼しましょう。しかし、審査に落ちた場合は減額や利用停止になるリスクもあるので他社で申込む方も多くいらっしゃいます。

なぜ、他社で追加融資するべきか?

  • 即日借入可能!お急ぎの方もOK
  • 低金利!ゆとりの限度額!
  • 他社での追加融資で落ちてもリスクなし!

だから、万が一のリスクも考えて他社での追加融資をして即日でご融資を受けるを多くの方が選んでいます。

 

下記では、即日審査・融資に対応している大手カードローン会社を厳選して選びましたので参考にご確認ください。

おすすめカードローン比較表

店名

みずほ銀行
カードローン

プロミス

(SMBCコンシューマーファイナンス)
アコム モビット

審査
時間

最短即日 最短30分
審査回答
最短30分
審査回答
最短即日

即日
融資

最短即日 最短1時間
融資
※1
最短即日 最短即日※5

実質
年率

4.0〜14.0% 4.5〜17.8% 4.7〜18.0% 4.8〜18.0%

限度額

1,000万円 500万円 500万円 500万円

総量
規制

対象外
(年収1/3以上OK)
専業主婦OK
対象
パート・バイトOK
対象
パート・バイトOK
※3
対象
パート・バイトOK
※6

土日祝
借入

なし OK OK OK

詳細


>>詳細はこちら

プロミス
>>詳細はこちら


>>詳細はこちら

モビット
>>詳細はこちら


※1 平日14時までにWEB契約完了で当日振込
※3 安定的な収入がある方
※5 14:50までの振り込み手続き完了で当日振込可。審査結果により不可の場合有。
※6 安定した収入がある方が対象となります。

みずほ銀行カードローンがおすすめ度1位!

いざという時に非常に頼れるカードローン!

低金利!ゆとりの限度額にも注目です。

 

年収1/3以上借入OK!総量規制対象外カードローンです。

 

収入のない、専業主婦も借入可能!

 

限度額200万円まで収入証明書不要!同意書・保証人・担保もちろん不要。

 

口座があれば、かなりスムーズに即日借入可能!
来店不要!さらに郵送物なしOK!なので、誰にもバレずに即日借入も可能!

 

即日借入可能!みずほ銀行カードローン【公式ページ】へ!

三井住友銀行カードローンを利用されている方が、 「もう少し融資額を増やしてほしい!」というときがあります。この場合の選択肢としては、 ・三井住友銀行カードローンの増額申請をする ・他の銀行カードローンに申し込むという2つがあることになります。2つの方法には、それぞれ特徴がありますので、注意点などについてご紹介します。■三井住友銀行カードローンの増額の注意点三井住友銀行カードローンの増額をする場合は、基本的に 新規の申込審査とおなじ審査を受けることになります。「今まで利用していたのだから・・・」と考えるかも知れませんが、極度額を超える融資の場合は、最初からの申込みと同じ審査になります。審査にあたっては、信用情報機関のクレジットヒストリーがチェックされますので、場合によっては、限度額が減らされる可能性もあることになります。カードローンの増額申請については、一定のリスクがある点に注意しなければなりません。■他社のカードローンを申し込む場合の注意点希望する追加の融資額が「30万円〜50万円程度」なら、他社のカードローンに申込むほうがリスクは少なく抑えられます。しかし、現在利用しているカードローンが「三井住友銀行カードローン」なら、次の申込先は、三井住友銀行グループ以外のカードローンを選ぶべきです。同じグループのローンに申込むと、その情報が三井住友銀行に伝わる可能性があり、現在利用しているカードに悪影響が生じる場合があるからです。■他社に申し込むならバンクイックがおすすめ!三井住友銀行ではない大手のサービスなら、三菱東京UFJ銀行東京の「バンクイック」や新生銀行の「レイク」がおすすめです。どちらも自動契約機があるので、即日融資が実現しやすく、収入証明なしで申込めることがほとんどです。カードローンの増額については、業者側から提示されたときだけ申込むようにし、それ以外については、別グループのサービスに申し込むようにしましょう。