銀行カードローンと消費者金融ローンの違いはどんなの?

銀行カードローンと消費者金融ローンの違いはどんなの?

カードローンには、銀行カードローンと消費者金融のローンがあります。

どちらのローンも「お金を融資する」という点に共通点がありますが、規制を受けている法律に違いがあります。
消費者金融は、主に貸金業法の規制を受け、普通銀行のカードローンは、銀行法の規制の下で提供されているサービスです。
「どちらでも同じ」と思われるかもしれませんが、両者のサービスの違いについて理解しておくことが重要です。

 

 

消費者金融ローンの特徴について

 

消費者金融のローンは、貸金業法の規制を受けますので、

 

  • 総量規制(年収の3分の1までの融資)
  • 収入証明書の提出要件
  • 取引における書面の交付義務

 

などに特徴があります。

 

「年収の3分の1までしか借りられない」といわれるのは、貸金業法の総量規制があるからです。

 

また、消費者金融が50万円超の融資をするときに「収入証明書」の提出が必ず必要になるのも、貸金業法による規制によるものです。

 

少額の融資を希望するときは問題になりませんが、一定以上の高額な融資を受ける場合は、オリックス銀行カードローンのような銀行カードローンを選ぶ方が良いでしょう。

 

 

銀行カードローンの特徴について

 

銀行カードローンには、消費者金融のような規制がありませんので、独自の基準で融資が行われている点に特徴があります。

 

「100万円までは収入証明不要」とする銀行カードローンがあるなど、良い面が目立つかもしれません。

 

しかし、バンクイックやレイクのように自動契約機がない銀行カードローンの場合、即日融資ができないことが多いのも銀行カードローンの特徴です。

 

急ぎの融資が必要なら「消費者金融」、高額融資を目指すなら「銀行カードローン」というように、目的に応じて申込先を選ぶのが賢い選び方になります。

 

また、消費者金融のプロミスや銀行カードローンのレイクのように、「無利息サービス」があるところを選ぶこともできます。

 

少しでもお得にキャッシングしたいなら、無利息サービスの違いについても確認するようにしてください。