銀行カードローン

消費者金融の審査に通らないなら銀行カードローン!

2010年に改正された貸金業法が施行されていますが、それ以降は、消費者金融の審査に通らないケースが増えてきています。
一般には、銀行よりも消費者金融の方が簡単なイメージがありますが、申込む人によっては、消費者金融の審査の方が厳しくなるケースもあります。
どちらに申込むべきかは、人それぞれ異なりますので、自分に合った申込先を選ぶようにしてください。

 

消費者金融の総量規制について

 

消費者金融のカードローンには、貸金業法の総量規制が影響しています。
総量規制は、過剰貸付を防止する目的で、融資の上限額を「年収の3分の1まで」に制限するというものです。
年収が300万円ある方は100万円までというように、法律によって融資の合計額が決められています。

 

消費者金融の残高が多いなら銀行カードローン

 

消費者金融の残高が多い場合は、審査に通らない可能性が高くなりますので、銀行カードローンを選んでください。
銀行カードローンなら総量規制の対象外になりますので、年収の3分の1までという制限もありません。
専業主婦が利用できる銀行もありますので、消費者金融の審査に通らないなら、銀行カードローンの審査を検討してみてはいかがでしょうか。

 

なお、消費者金融は50万円超の希望額で、収入証明が必要になりますが、銀行カードローンなら100万円以下なら収入証明書不要です。
運転免許証があれば申し込めますので、即日融資にも向いていると考えられます。

関連ページ

銀行カードローン審査時間が短いサービスは?
銀行カードローンの審査が通らない理由
銀行カードローン審査落ちたときの対処法
銀行カードローン審査を最短30分で即回答できるのは?
銀行カードローン審査で今月の1位は?
銀行カードローン審査を電話で申込む?
銀行カードローンなら総量規制対象外!
銀行カードローンで借り換え!
希望額別おすすめ銀行カードローン!
銀行カードローンのメリット・デメリット
アルバイトが申し込める銀行カードローン
銀行カードローンなら安心・安全!
おすすめ銀行カードローンの一覧
銀行カードローンのお試し審査とは?
会社連絡なしで申し込める銀行カードローン
銀行カードローンの仮審査と本審査の違いとは?
銀行カードローン金利の比較は意味がない!?
勤続年数が少ないときの銀行カードローン選び
銀行カードローンで無利息キャンペーンがあるのは?
銀行カードローンの審査は本当に厳しい?
銀行カードローン審査の口コミ情報
契約機が用意されている銀行カードローン
銀行カードローンに個人事業主が申込むときの注意点
最短最速で借りれる銀行カードローン
収入証明不要で申し込める銀行カードローン
専業主婦でも審査が受けられる銀行カードローン
銀行カードローンと消費者金融の違い
銀行カードローンの申込みは返済シミュレーションを使ってから!
銀行カードローンの申込みで多重申込は何社まで?
他社借入がある場合の銀行カードローンの審査における注意点
銀行カードローンの遅延のリスク
銀行カードローンを選ぶ際の注意点
家族に内緒で銀行カードローン!
主婦に人気の銀行カードローン!
年収なくても審査にとおる銀行カードローン