銀行カードローン

世帯主年収ありパートの銀行系カードローンの選び方

パート勤務の方が銀行系カードローンを利用するときに、世帯主年収の多さが気になるかもしれません。

 

しかし、基本的には個人での申込みになり、あくまでもパートをしている自分本人とカードローン会社との契約になりますので、世帯主年収は関係ありません。

 

銀行系カードローンは、大きく消費者金融と銀行とに区別できます。

 

消費者金融の銀行系ローンに申込む場合は、貸金業法の影響について理解しておく必要があります。

 

具体的には、年収の3分の1までしか借りられないという「総量規制」があること、50万円を超える融資を受けるときに「収入証明書」が必要になることです。

 

たとえば、パートの収入が月20万円の場合、年収240万円になりますので、銀行系消費者金融からの融資は、80万円までとなります。

 

これに対し、銀行本体が提供するカードローンには、このような制約がありません。

 

貸金業法は、あくまでも消費者金融のような「貸金業者」を規制するものであって、銀行を規制するものではないからです。

 

一般に融資を急ぐ場合は、銀行系の消費者金融が選ばれがちですが、状況に応じて、バンクイックやレイクのような即日融資が可能な銀行も検討するようにしましょう。