即日キャッシングできる銀行カードローン!

三井住友銀行カードローン

 

 

 

審査時間 最短30分
即日融資 あり
実質年率 年4.0%〜14.5%(変動金利)
限度額 800万円まで
総量規制 対象外

金利 年4.0%〜14.5%(変動金利)10万円から最高800万円までお申込可能です。最短30分審査 お申込時には三井住友銀行に口座をお持ちでない方も、お申し込みいただけます。

 

お申込みはこちら!

 

みずほ銀行カードローン

 

 

 

審査時間 最短即日
即日融資 なし
実質年率 4.0〜14.0%
限度額 最高1,000万円
総量規制 対象外

専業主婦の方でも借入れ可能なんです!収入証明書・夫の同意書も不要で安心して借入れができますよ。 審査も最短即日で、低金利なので家計にも優しくおすすめです!

 

お申込みはこちら!

 

三菱東京UFJ銀行カードローン

 

 

 

審査時間 最短30分
即日融資 あり
実質年率 4.6〜14.6%
限度額 最高500万円
総量規制 対象外

審査は最短30分で銀行系カードローンの中でも早い!ネット完結OK!特にお急ぎの方はテレビ窓口を利用すれば申込んだその場で審査・カード発行最短40分で利用可能です。

 

お申込みはこちら!

「3つのポイント」で選べば失敗しない!銀行カードローンの選び方

スグ審査回答!最短30分で結果が表示できる!

銀行カードローンって融資までに時間がかかるというイメージを持っていませんか?しかし、今は銀行系カードローンでも最短即日で借入ができるんですよ。三菱東京UFJ銀行カードローンなら審査時間最短30分、当日借入が可能なのでお急ぎの方にはとても有り難いですね。

郵送物なし!誰にもバレずに即日でカード発行できる!

家族と一緒に暮らされている方はもし借入がバレてしまったら…と心配していませんか?その点も安心してください。家族に気づかれてしまう原因の多くは郵送物が家に届くことなんです。自動契約機を利用すればその場でカードが発行されるのでカードが郵送される心配はありませんよ。

収入証明書不要!今スグWEBからお申込みできる!

借入れのときに必要な収入証明書の提出。専業主婦の方は特に夫の収入証明書が必要になるのでどうしよう…と心配ですね。しかし、消費者金融なら50万円まで、銀行カードローンなら100〜300万円までの借入なら収入証明書の提出は不要なんです!

早わかり!カードローン比較一覧表

サービス名

審査時間

実質年率

借入可能額
(上限)

総量規制


三井住友銀行カードローン

最短30分

4.0〜14.5%
(変動金利)

800万円

対象外
パート・バイトOK


三菱東京UFJ銀行カードローン


最短30分

4.6〜14.6%

500万円

対象外
パート・バイトOK

プロミス
プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)


自動審査あり
最短30分

4.5〜17.8%

500万円

対象
パート・バイトOK


みずほ銀行
カードローン

最短即日

4.0〜14.0%

1,000万円

対象外
専業主婦OK

パート・バイトOK


新生銀行カードローンレイク

最短即日

4.5〜18.0%

500万円

対象外
パート・バイトOK


アコム

最短30分

4.7〜18.0%

500万円

対象
パート・バイトOK

モビット
モビット

最短即日

4.8〜18.0%

500万円

対象
パート・バイトOK

当サイトが厳選した即日キャッシング!おすすめ銀行カードローン【TOP3】

三井住友銀行カードローン

 

 

 

審査時間 最短30分
即日融資 あり
実質年率 年4.0%〜14.5%(変動金利)
限度額 800万円まで
総量規制 対象外

金利 年4.0%〜14.5%(変動金利)10万円から最高800万円までお申込可能です。最短30分審査 お申込時には三井住友銀行に口座をお持ちでない方も、お申し込みいただけます。

 

お申込みはこちら!

 

みずほ銀行カードローン

 

 

 

審査時間 最短即日
即日融資 なし
実質年率 4.0〜14.0%
限度額 最高1,000万円
総量規制 対象外

専業主婦の方でも借入れ可能なんです!収入証明書・夫の同意書も不要で安心して借入れができますよ。 審査も最短即日で、低金利なので家計にも優しくおすすめです!

 

お申込みはこちら!

 

三菱東京UFJ銀行カードローン

 

 

 

審査時間 最短30分
即日融資 あり
実質年率 4.6〜14.6%
限度額 最高500万円
総量規制 対象外

審査は最短30分で銀行系カードローンの中でも早い!ネット完結OK!特にお急ぎの方はテレビ窓口を利用すれば申込んだその場で審査・カード発行最短40分で利用可能です。

 

お申込みはこちら!

銀行カードローンも消費者金融のカードローンも、基本的には同じサービスですが、審査や申込み基準などに若干の違いがあります。 銀行は「銀行法」、消費者金融は「貸金業法」という法律の規制を受けて、営業していることが理由となります。 ここでは、銀行と消費者金融が受けている規制により、カードローンにどのような特徴の違いが生じるかについて説明したいと思います。 ■消費者金融との収入要件の違い カードローンの申込み基準に、「収入」に関する要件があることがあります。 「本人に安定した収入があること」などのように、仕事をしていることが前提となっているのは「消費者金融」です。 消費者金融を規制する貸金業法には、「総量規制」という仕組みがあります。 総量規制は、過剰貸付を防止するため、利用者の年収の3分の1を超える融資を禁止する、という決まり事があるからです。 そのため、自分の収入に不安があるから、という理由で消費者金融を選ぶのは間違いで、収入がなかったり、審査に不安があるときは「銀行カードローン」を選ぶようにしたほうがいいのです。 ■消費者金融との収入証明の要件の違い また、消費者金融の場合は、一定の場合に法律によって「収入証明の提出を受ける義務」があります。 総量規制と同じように過剰貸付を防止するためのものですが、  ・50万円を超える融資をするとき  ・他社との借入残高の合計が100万円を超えるとき に収入証明を必ず用意しなければなりません。 銀行カードローンには、このような規制がありませんので、銀行ごとの基準により、収入証明の提出が求められます。 ■おすすめできる銀行カードローンとは? カードローンの申込みで問題となるのは、「収入に関する要件」と「収入証明」ではないでしょうか。 この2点に不安があるなら、銀行カードローンのバンクイックなどがおすすめです。 100万以下の融資なら収入証明が必要なく、本人に収入がない専業主婦などの利用も認められています。